大道芸人・パフォーマー・マジシャンなどエンターテイメントに
関わるお仕事をしている人を応援します。

モリコロパーク大道芸フェスティバルモリコロパーク大道芸フェスティバル

人を想う気持ちから生まれたフェスティバル

 冬の寒さが緩み始め、ようやく春の訪れを信じられるようになってきましたね^^。大道芸も活動しやすくなってきて、イベントも多くなってきたようです。管理人もいろいろと見に行きたい~ともがいております。今回は間近に開催が迫っているモリコロパーク大道芸フェスティバルをご紹介します。

 このフェスティバルの開催を知ったきっかけは、このサイトを開いた際、お声がけをさせていただいた「オマールえび」さん。まだまだ形も見えていないこのサイトへのご協力のお願いに一番最初にご了承のお返事を下さったお一人です。管理人自分でお願いしておきながら、なんで了承してくださったんだろう?と思っていたのですが、今回このイベントのご紹介をさせていただく上でインタビューを簡単にさせていただいたのですが、その短い中でも「あ、なるほど」と感じる部分がありました。

「モリコロパーク大道芸フェスティバル」
  実行委員会:オマールえびさんへのインタビュー

どんなことをきっかけに始まったフェスティバルなのですか?
東日本大震災の直後の4月に大道芸人がなにかできることがないだろうかと、チャリティーイベントを開催したのがきっかけでした。誰もやる人いなかったら3人でやろうぜと見切り発車で始めたのですが、15組のパフォーマーが集まって開催しました。チャリティー大道芸として、半年毎に4回やった後に、昨年からフェスティバルとして開催しています。現在も、被災地の支援活動として被災地へのパフォーマーの派遣を続けています。
モリコロパーク大道芸フェスティバルの様子1

過去の開催より一場面(無断転載厳禁)

モリコロパーク大道芸フェスティバルの様子2

過去の開催より一場面(無断転載厳禁)



どれくらいのお客様が来場されるのですか?
約3万人(二日間)です。
どんなところがこのフェスティバルの特徴だと思いますか?
企画、運営、すべて芸人が自分たちでやっています!
メッセージをどうぞ!
ぜひぜひ遊びにきてくださいっ!

 東日本大震災の直後、いろいろな人がいろいろな想いを持って、そして今もその想いが続いていると思います。このフェスティバルもそうだったのかと質問をして知りました。そして当時のままそのまま残っていくものでもないとも思います。モリロコパーク大道芸フェスティバルもそうだと思います。最初は「チャリティーイベント」だったものが時間を経て「フェスティバル」となり二回目を迎える。「お祭り」として人を励ますだけではなく楽しませる要素を大きくしていく。その感覚はイベントを企画する人ではなくて、直接人と触れる大道芸人、パフォーマーとして感じる感覚での変化なのかなと。

 これはあくまで管理人の感覚での見方になってしまいますし、上手くいえないのですが…。日常生活を送っている人と直に触れ合ってその空気を感じているテイナーが直接企画して運営するこのフェスティバルがどう広がっていくのか、ただ素敵なパフォーマンスを楽しむだけでなく、大道芸やパフォーマンスの存在の方向性なども感じさせる一面もあるのではないかなと思っています。

 うわ~なんか固くなってしまったかもしれませんが、素敵なテイナーさんたちが全国から集まっている祭典です。管理人が見に行きたいと思っているイベントの一つですので、オススメします!

2014.03



「モリコロパーク大道芸フェスティバル」

2014年3月22日(土)・23日(日) 愛・地球博記念公園モリコロパーク
住所:愛知県長久手市茨ヶ廻間乙1533-1

ホームページ http://daido-gei.jp/

フェイスブックページ https://www.facebook.com/daidogei.piero

フェイスブックも合わせてぜひご覧ください!

前の記事へ   記事一覧へ