大道芸人・パフォーマー・マジシャンなどエンターテイメントに
関わるお仕事をしている人を応援します。

Performer SATOYAPerformer SATOYA

アンバランスな二つの魅力

 さて長崎で日常的に大道芸が見れる場所は残念ながらそうありません。その中でハウステンボスは比較的見れる場所です。(…しかし、入場料がないところで見れるかというと…なのですが)

 ハウステンボスは「クリエーターズプロジェクトパフォーマー」を募集していて、いわゆる園内でパフォーマンスをする人のことです。長崎で数少ないパフォーマンスを見れる場所なので立ち寄りました。

そして、期待して入り口をくぐったわけですが、行ってよかったー!!

長崎でずっと会ってみたかったSATOYAさんと遭遇できました!!サイトを始めたとき、長崎県内で最初に検索できたのがSATOYAさんでした。最初に見たのはYoutubeでデビュー前という映像(下記映像です^^)。でもなかなか連絡は取れないまま…。まさかここで会えるとは!

あんまり嬉しかったので正直見つけた前後のパフォーマンスを覚えていないという…(汗)ただ明るく親しみやすい呼びかけにルンルンしながら近づいていけました。

そして、不思議な印象を持ちました。安心して楽しめるプロのパフォーマンスなのに、可愛らしい。

…っすみません!語弊があるかもしれないのですが、パフォーマンスはすごく安心して楽しめるしすごく楽しいのですが、慣れた感じがしないのです。ほほえましくて応援したくなる雰囲気とでもいいますか。楽しい空間でありつつ、ほんわか微笑みたくなる空気感。管理人が単に年老いているせいなのか、SATOYAさん自身がお若いからなのかはわかりませんが(><)

7つのカラーコーンバランス技に挑戦

ダイススタッキング。集中が必要な瞬間でも楽しいトークは途切れず。

大技のバランス技

大技のバランス技。可愛らしいのに魅せる!

 繰り出されるパフォーマンスの技の安定感もさすがだったのですが、トークも明るくて、パフォーマンスがより楽しく見れるのです。地元長崎の若手でこういうテイナーさんがいるの嬉しいなぁと思います。(上から目線ではないのです。語彙力が乏しくてすみません!)

技もすごく多彩。手元の細かなものから、大きく目をひくものまで幅広かったです。

手元の規模が小さな技を大道芸するのは、向かないのではないかなぁという印象もトークや見せ方で変わるものだなぁと感じました。

また管理人の見方も素直に見れないので、だめだなぁと思うのですけど、手元の細かな技から大きな人目をひく鮮やかな技まで準備するのにどれくらいの時間がかかるのだろうと思うわけです。きっと誰もが得意分野などあると思うのですが、SATOYAさんは正反対のパフォーマンスをこなします。

その後ろにどれくらいの準備や練習や経験を積み重ねているのだろうと、どのテイナーさんを見ても毎回思います。SATOYAさんも、すごく素敵でした。可愛らしいのにしっかり技を決めていく強さ、あどけないのにしっかりしたパフォーマンスに、管理人、例にもれず年甲斐もなくトキメキかけました(笑)

終わった後どうしても話しかけたくて、結局出待ちならぬ、片付け待ちしていました。しかし、緊張と嬉しさで何話したか覚えてないほど浅いことしか話せなかったです…。

今度はぜひ最初から最後まで見たいテイナーさんです。長崎に行く楽しみが一つ増えました。

2014.08 長崎で大道芸パフォーマンスを見てきた!完



YOUTUBEより

Performer SATOYA

九州を中心に活躍中
高校生のときから学業の傍らで市内のイベントに出演するなど活動を開始。興味を持ったのは小学生のころ、担任の先生が見せてくれたマジックに感動し、その後独学でマスター。中学生のときに愛好者でつくる「佐世保ジャグリングクラブ」に参加。現在に至る

ブログhttp://ameblo.jp/performer-satoya/

Twitter@PerformerSATOYA

前の記事へ  記事一覧へ  後の記事へ