大道芸人・パフォーマー・マジシャンなどエンターテイメントに
関わるお仕事をしている人を応援します。

ジャグリングについて(種類)

大道芸の中で最もよく使われていると言っても過言ではない「ジャグリング」
国語辞書:大辞泉によると「ジャグリング:玉や輪、ナイフなどを巧みに投げたり受けたりする曲芸」とされています。

日本でイメージしやすいものはおばあちゃんの「お手玉」でしょう。
西洋にいけば「お手玉」も「ジャグリング」になるのかお手玉の投げ方は「シャワー」という技に当てはめることもできます。
その歴史にはいくつかの説があるようですが古いものは紀元前5世紀とも。
近代になって「ジャグリング」という分野のパフォーマンスで注目されるようになりましたが 実は生活の身近なところにあるものなのですよね。

ちなみに小ネタですが、聖徳太子は水晶でお手玉をしていたのだとか…。
現在は京都の法隆寺に「石名取玉」という名前で宝物として保管されています。
道で聖徳太子が水晶ジャグリング。
なんとも頬がゆるむのは管理人だけ?(笑)

トスジャグリング

トスという名前のとおり物を空中に投げて操るジャグリングを指す。
一般的には3つ以上のものを使い、ジャグリングの中で最もポピュラーな技とも言える。

【トスジャグリングで主に使用する道具】

クラブ
クラブジャグリング新体操などで見る棍棒やボーリングのピンにも似ているもの。ボールのように投げるだけではなく回転させる技術も基本的に必要となってくる。
リング
リングジャグリング丸い輪で行うジャグリング。見る方向で姿もわかるため視覚的工夫された面白い技も多い。
トーチ
炎のジャグリングトーチは炎をつけたクラブというイメージ。華やかだが危険度はジャグリングの中でも最高レベルだと言える。

コンタクトジャグリング

物を体から離さず、常に体に接触した状態で行うもの。
ボールやハットでも使われる技の一つでもあるが、クリスタル(水晶玉)を使って体から離さないで操ることを指すことが多い。

その他のジャグリング

【主に使用する道具】

ハット
帽子のジャグリング,ハットジャグリング帽子を使ったジャグリング。スタイリッシュでおしゃれな印象を作れる。
ディアボロ
ディアボロお椀を二つつなげたような形の道具。中国ゴマとも呼ばれヒモの上で高速回転させて技を行う。
デビルスティック
デビルスティック両手に持った棒で中央の棒を魔法のように宙に浮かせて魅せるジャグリング。
シガーボックス
シガーボックス主に3つ以上の箱を使って落とさず操るジャグリング。重力関係なく動く様子が魅力的。

※後日増やしていったり修正していくかと思います。

記事一覧へ